高知市の中心部にある「帯屋町CENTRO」にオフィスを構える、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(2019年4月に株式会社アイレップより業務移管、以下DAC)のクオリティマネジメントセンター高知。

今回はトレーディングデスク本部クオリティマネジメント局の芹澤さん、明神さん、久保田さんにお話を伺いました。


左から久保田さん、明神さん、芹澤さん

アイレップ本社で3年半、DAC高知オフィスで3年半勤務の芹澤さん

―DACは何をされている会社ですか?

デジタルマーケティングにおける、広告を基点としたさまざまなサービスを国内外で展開している会社です。

簡単に言うと、Webサイトや携帯アプリの広告活用をした販促等、企業のマーケティングサポートをする会社ですね。

―現在、芹澤さんはどんな業務を担当されていますか?

Web広告を配信する為の準備や、Web広告を配信した後のデータ集計に関するマネジメントを担当しています。

―なるほど。Web広告の運用って漠然と難しそうですが、芹澤さんは過去にWeb広告について学ばれていたのですか?

いえ、全然です。
前職は、投資系金融機関の営業をしていました。

―へぇ!前職は金融機関だったんですね。

はい。営業部で働いた後、同じ金融機関のオンライン取引を担当する部署に異動になりました。
そこで、Web広告を自分たちで出すことになったんです。


―自分たちでWeb広告を!それは大変だったのではないですか?

そうなんです。当時Web広告に関しては全くの素人だったので、想像以上に苦労しました。
ソーシャルメディアが出始めた頃で、世間的にもWeb広告の情報がない時代でした。素人ながらも試行錯誤をして挑んでみましたが、全く上手くいかず、、、。

その時に、Web広告のプロってどんな仕事をするんだろうと興味が湧いて応募しました。



―実際に自分たちでWeb広告を出してみたことが、転職の動機になったと。実際にプロになってみてどうですか?

全然違いますね!

DAC高知オフィスにWeb広告の運用のノウハウもありますし、日々の職場に広告運用で悩んだ経験のある仲間たちがいるので、
直にアドバイスをもらいながら仕事ができるのも大きいです。

また、その経験を通して、自分自身の能力も上げることができる。
このうえない環境で、仕事をすることができていると思います。

―なるほど。激しく変容するWeb業界で働くのは大変なイメージがあるのですが、未経験者でも働けるというのは、どんな仕組みになっているんですか?

DACでは、長く研修期間を設けています。なので、未経験者でも学びながら安心して働いてもらえます。

具体的には、Webマーケティングの業界知識の勉強であったり、実際の業務に近い場で学べるOJTなど、約2カ月の研修期間があるんですよ。

―約2カ月!それは手厚い!!未経験者でも安心ですね。芹澤さんから見たDACは、どんな特徴を持つ会社だと思いますか?

そうですね、広告という業界は変化の多い業界です。
なので、最新の情報についていくために、頑張らないといけない部分も多くなってくる。

一方で、自分の「こうしたい!」という思いを発言したときに、しっかりと受け止めてくれる会社だと思います。上司と部下とも、とってもフランクですし。
そういった意味で、DACは自分の働きやすい環境を、自分でつくれる会社だと思います。

―それを踏まえて、どんな方に来てもらいたいですか?

フランクに言い合うことができる会社なので、自分の中でため込まず、きちんとアウトプットできる方がいいですね。

―DAC高知オフィスには、現在何名の社員がいらっしゃるのですか?

約100名ですね。男女比は4:6で女性の方が多いです。
また、平均年齢が20代後半~30代前半で、とても活気ある職場です。

―なるほど。みなさん活気ある職場で、日々成長、日々学んでいらっしゃるのですね。お話しありがとうございました。

勤務4年目の明神さん

―よろしくお願いします。では早速、明神さんの経歴を教えてください。

佐川町出身です。前職では複合機販売等の営業をしていました。

―明神さんは、入社して4年目ということですが、DACで働いてみてどうですか?

広告の仕組みを学べることが楽しいですね。
普段Webの広告って何気なく目にしてはきましたが、どういう風に運用されているのかは知らなかったので。
そういった仕組みを学べたことは、自分の中で大きいですね。

―明神さんが思う、DACで働く楽しさってなんですか?

自分がどんどん成長していけることですかね。
変化の激しい業種なので、知識をたくさん吸収し、仕事に活かすことが必要になってきます。
そんな環境なので、自然と自分で学びに行く姿勢を、学ぶことができました。

また、広告主が希望する予算内で、求められる成果を出さなければいけない仕事なので、予算の中で最適化していくという、分析する力も身に付きました。

広々としたフロア。このフロアでは約100名ほどが働いています。

―DAC高知オフィスの勤務について教えてください

9時~17時半の固定勤務で、土日祝がお休みです。

―明神さんのお休みの日は、何をされていますか?

家族と過ごすことが多いですね。
子どもがまだ小さいので、大きな公園に行ったり。
あとは、デスクワークの運動不足を補うために、ジムに通っています。

―ジムですか!いいですね。

はい。福利厚生として、会社がジムと法人契約をしてくれているんですよ。
ジムに行きやすい環境が整っていて、家族で通っている人も多いようですよ。

―それはとても素敵な休日の過ごし方ですね。会社の人との交流はどうですか?

今は新しく入ってくる方が多いので、月に1回程度飲み会を開催していますね。
過去には会社主催のイベントであったり、職場でハロウィンをしたりして、和気あいあいと楽しんでいます。

―なるほど、そんな和気あいあいとした職場ですが、どういう人に入ってきてもらいたと思いますか?

変化に強い人がいいですね。新しいことを取り組むのに抵抗がない人。
スピード感のある業種であり会社でもあるので、その分新しいことへのチャレンジもできますし、それを楽しめる人がいいと思います。

―なるほど!貴重なお話をありがとうございました。

勤務3年目の久保田さん

―よろしくお願いします。久保田さんは新卒で入社されたんですか?

違うんです。前職は、アパレル業界で服の販売をしていました。

―アパレルですか!どうして、広告業界という業種を選んだのですか?

実は、広告系だから選んだということではないんです。
自分が今まで関わったことがない分野の仕事をやってみたいと思って応募しました。

―それはすごい!前職と比べて職場の雰囲気はどうですか?

とても和気あいあいとしています。
入社してから、社内の雰囲気がどんよりしているところを見たことがないです(笑)
話しやすいメンバーばかりで、思ったことを言い合えるそんな職場です。

―素敵な職場ですね。休日はどんなことをして過ごすことが多いですか?

一人だったら映画を観るのが好きなんですけど、最近は友達とご飯にいくよりも会社の人と飲みにいったりが多いですね。

―会社の人と!それは部署関係なくですか?

そうですね。同じ部署の人もいれば、全く違う業務の人とも遊びに行ったりします。
ちょっと車でランチに行ったり、その帰りに道の駅に寄ったりして。
高知出身ですが、高知の特産品が好きで、それを見て美味しそうだねって言って楽しんでます。

―なるほど。最後に、DACでの目標はありますか?

社内で必要とされる人になりたいですね。
いつかは、先輩方の右腕、左腕になれるように、、!
そして、私にとって先輩方がそうだったように、新しく入ってこられる方の頼れる存在でありたいですね。